やっぱりNOKKOさんは素敵♪

昨夜のNHKBSプレミアムでの「歌えるJ-POP 黄金のヒットパレード決定版!」は楽しかった。

自分自身の青春時代ど真ん中

も~全部知ってるし。なんなら歌詞カードあれば歌えるし♪そんな歌ばかりで

もう、紅白歌合戦これでええわ。→毎回言ってる

その中でもやっぱり私が大好きなレベッカnokkoさん。いっときあまりお元気がなくお声もあまり出ていらっしゃらなかった時もありましたので心配しましたが、さながら和製シンディローパー

年齢は確実に重ねていらっしゃるのですが、かえってそれが素敵で歌声もほとんどお変わりなく、バンドの編曲もほとんどオリジナルとかわらなくて聞き入ってしまいました。


f:id:unicon-obako:20201115124726j:image

「フレンズ」に恋して、初めて買ったのはデビューアルバムのレコードですが、CD時代になって中古で買ったものもありますが、レベッカと安全地帯と八神純子オメガトライブだけは処分できず今だ大切にしております。

最初アルバムを聞いた時にフレンズ以外の曲にあまりピンと来ませんでした。

ところが何度も何度も聴いているうちに「レベッカの世界観」にはまった人は多いと思います。

当時としては表現が難しいのですが、今までになかったような曲調でnokkoさんだから歌える世界観の曲なのでカラオケで誰が歌っても単調に聴こえてしまう難しい曲ばかり。

nokkoさんの歌声に合わせるかのような雰囲気のあるバックの音も心地良く。

JUDY AND MARYレベッカに憧れていたというのもJUDY AND MARY世代の方にはおわかりになると思います。

昨日のnokkoさんの衣装のモノトーンのコーディネートが素敵でまさに「モノトーンボーイ♪」

モノトーンのお洋服というのは60代あたりから似合ってくるものなのだなあとつくづく感じました。

ダンスも昔と変わらず手抜きなしで全力で、他の出演者さんもそうですが、

「何歳だからできない」なんて思わない所は本当に尊敬に値するなあと思います。

心の自立した女性は未婚、既婚に関わらず本当に素敵だなあと思った楽しい2時間でした。

小比類巻かほるさんの「Hold On Me」、当時お付き合いしていた方とデートした街で流れてたなあとか、歌って本当にタイムマシーンだわと思いますね。

また他にも聞きたい曲がたくさん思い出されて、

「天使の休息」とか「おんなになあれ」とか大江千里さんとか、BARBEE BOYSとかも聴きたいし。

今の若いアーティストさんや歌手の方が昨日みたいに50代60代になっても代表曲でハツラツと元気にうたえるような状況になっていくのだろうかと思うと何となく可哀想な気がして、気がつけばあの頃より表現が制約されてきているのかも知れないなあとも感じた2時間でもありました。